上へ


堀江貴文が刑務所の中で外に出たら食べようと夢想い描いた至極のイノベーションカレー
略して刑務所カレー(超高級)

  • 塩分調整の為、味が薄い。
  • 具材も少ない。
  • 決まった食堂にて時間内に食べなくてはならない。
  • 1人前の量も専用レードル一杯分と管理されていた。
  • スパイスの風味も少ない黄色いカレー
  • それでもカレーは人気メニューであったという。
理想のカレー
  • 肉はとにかく柔らかく(硬い肉のカレーにトラウマ有り)
  • 隠し味には醤油を使ってアミノ酸をたっぷりと。
  • トマトの酸味が欲しい。
  • スパイス感をしっかり感じるがそこまで辛くない。
  • 具材はジャガ芋と人参をゴロゴロと。
  • ルーはたっぷり。


試行錯誤

試行錯誤

99.99999%の再現に成功!!

 

そして完成したのが・・・



 

堀江貴文が刑務所の中で外に出たら食べようと夢想い描いた至極のイノベーションカレー



特徴

お肉は飛騨牛を使用

堀江貴文が子供の頃に食べていたカレーの肉は非常に堅く、それがトラウマとなってしまい、大人になるまでカレーの肉は極力避けて残していた。勿論肉が嫌いという訳ではないが、ことカレーの肉は柔らかいモノが理想的であり、本カレーのお肉には高級ブランド牛の飛騨牛を使用することにした。美味しいお肉ならばたっぷりと食べたい。 通常のレトルトカレーの肉が約20g入りであるのに対し、本カレーのお肉は40g入りと食べ応えも抜群である。

飛騨牛
ジャガ芋と人参

カリガリ二木は初期段階でいわゆる「溶かし込み系」カレーを試作していた。しかし、堀江貴文のジャガ芋と人参は具材としてゴロゴロと残して欲しいとの強い要望で方向性を変更。ジャガ芋と人参をある程度溶かし込み、ルー自体に素材のコクと旨味を十分に出しつつも、食べ応えのあるゴロゴロ感を表現出来るサイズを模索した。試行錯誤の末、カレールーに良く馴染んだ上で、ほくほくとした食感と食べ応えのある大きさにたどり着いた。

ジャガ芋と人参
22種類のスパイス

堀江貴文の理想のスパイス感をリサーチした後、22種のスパイスとその量が決定された。しかし、その後の試作と試食を繰り返す中で、ビーフが輸入牛→和牛→飛騨牛へと変わって行くに伴い、徐々に牛脂量が増して行った為、その結果味がマイルドになってしまった。理想のスパイス感を表現する為にスパイスの量を再度調整し、しっかりとスパイスの奥深い香りを感じるカレーに仕上げた。

22種類のスパイス
イノベーションカレーとは

需要と供給のバランスにより、レトルトカレーの大半は必要最低限の素材で安価に買える様に作られている。その結果レトルト臭と呼ばれる独特の風味が目立ち、一般のレトルトカレーのイメージを損なってしまっている。しかし今回のカレーは堀江貴文の理想を元に、風味も具材もトータル的にこだわり、とことん「美味しいレトルトカレー」を目指して作成したものであり、超高級レトルトカレーという未知数の需要に向けたチャレンジである。堀江貴文、カリガリ二木ともに「高級カレー店でそのまま出せる味!」と自画自賛するその味はレトルトカレーの概念を覆す、正にイノベーションカレーなのである。


動画

 

完成までの約10ヶ月を4分に濃縮したダイジェストはこちら

 






情報
関連情報はこちらに随時掲載いたします。

 

刑務所カレー全国のクレーンゲームに

 

 

 

 

 

 

購入

堀江貴文が刑務所の中で外に出たら食べようと夢想い描いた至極のイノベーションカレー
 
拡大
  • ゴロゴロ野菜と飛騨牛入り
  • 辛さは中辛 ★★★★☆☆
  • 量はたっぷり250g
  • 豪華金箔入りパッケージ
  • プレゼントにも最適!
  • 初回生産6,000食!!
本体価格¥1,200(税別) 購入する

【流通について】

本商品は小売店様、個人商店様への直接販売も行っております。
カリガリのカレーを共に販売して頂ける皆様のお問い合わせを心よりお待ちしております。お問い合わせは horiemon@caligari.jp まで。